ばったの大阪暮らし

アクセスカウンタ

zoom RSS 灘の酒蔵めぐり 御影郷

<<   作成日時 : 2008/02/28 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

いかなご漁が解禁となった今日、灘の酒蔵めぐりをしてきた。

昨年の暮れから延び延びになっていた予定をついに決行。
いつもの飲み友と一緒に阪神電車で、まずは御影駅で下車。
NHKドラマ「甘辛しゃん」のロケ地になった「滝鯉(たきのこい)」の木村酒造へ。

到着したのは10時ジャスト。
が、まだ開いていない・・・
しばらくして、杉玉のさがった門が中から開いて、続いて重そうな鉄の門扉が開けられ、「酒匠館」(売店・サロン)へ案内された。

まずは試飲かな? ということで、
友は画龍天晴(純米大吟醸・5勺500円)
私は天乃美禄(純米吟醸・5勺400円)
(いずれもモンドセレクションの金賞を何度も受賞したおいしいお酒)
日当りのよいサロンのソファで、ゆっくりいただいた。

画像

で、ここで購入したのは・・・
前回来た時もこれだったけど、やはり蔵元へ伺ったからこそ買えるものを。

画像

純米吟醸生原酒(4合・1365円)
この看板の下の大きなタンクから、好きな色の瓶(緑or茶)に直詰めしてくれる。
さらに、オリジナルラベルを貼ってくれるので、今回はこんな風にしてみた。

画像

今回も出かける時にコロコロ(キャスター付きのキャリーバッグ・保冷材も入れて)を持って行ったので、お店の人に不審がられる前にこちらから「蔵めぐりしながら一本ずつ買っていこうかと思いまして・・・(^_^;) 」と説明というか釈明(?)というか・・・ ぶつぶつ言いながら、買った1本をコロコロの中にしまって。

続いて向かったのは「灘泉(なだいずみ)」の泉勇之介商店。

画像

入り口でちょうど蔵の方とお会いできたので来訪の目的を告げると、快く中をご案内くださった。

仕込み真っ最中の蔵の中はタンク、タンク、タンク・・・
ここの蔵のすごいところは、このタンクの中を見せてくださる。(4つ拝見した)

画像

画像

ぶくぶくぶくぶくと泡が動いていて、日本酒って生き物! ということがわかる。
明日、絞る というタンクもあり、いずれもと〜ってもいい香り。
ひとつ、まさしく「りんごの香り」がしたタンクがあり、本では読んだことあるけれどよくわからなかった「りんごの香り」が体感できた。
他にも、蒸かしたお米を冷やすための機械や、お酒を絞る機械などについての説明を聞き、先の震災の時の大変だった様子も聞かせていただいた。

最後に試飲(無料)もさせていただいて、ここでも1本購入。
(一緒に酒蔵めぐりする予定だったけどケガして入院中の飲み友へのお土産もこれに決定。これ、売っているお店、少ないのよ・・・ というか見たことない)

画像

純米しぼりたて生 (4合・1600円)

次に向かったのは、「福寿(ふくじゅ)」の神戸酒心館。
今回初めてこちらのお食事処(さかばやし)で食事をした。
軽くお蕎麦を食べて、売店へ。
売店の奥にカウンターがあり、そこで、試飲(有料・アテも充実)ができるので、そこでちょっと飲んでいくことに。
友は試飲セット(2.5勺の大吟、純吟、純米と自家製豆腐 500円)
私は純米にごり(5勺 300円)と豆酩(とうべい 豆腐のもろみ漬け 200円)。

ちょっと聞き慣れないこの「とうべい」。
昨年の9月にこちらへ行った時、同じくカウンターで隣に座っていたおばちゃんに勧められてめちゃめちゃ気に入った、極上(私にとって)のアテ。
豆腐のもろみ漬けって?
旨みとかコクみたいなのはチーズに似ていて、で、もろみというか金山時みその風味もあり、見た目は下のように白味噌みたい。
今日は、お土産に買ってきた。

画像

画像


で、ここでの購入は、いつものように直詰め。
今日は、いつもはない、初めて見るものが冷蔵ケースに入っていて、
「袋吊り」の文字で即決!
しかし、大吟醸。
300mlで1575円。いつもの4合だと3999円。 高い!
う〜〜んと悩みながら、酒匠さんにちょっと試飲をお願いし、
あまりのおいしさに、やっぱり、買おう! と 300ml詰めてもらうことにした。

画像

純米大吟醸 あらばしり (袋吊り)

普段、大吟醸なんてもったいなくて特別の時でもほとんど買ったりしないけど、
せっかく珍しいものに出会えたからさ、酒匠さんも「出来がいい」と超お勧めだったし、やっぱり蔵元でこそ買えるもの物は買っとかないと。

そんなこんなで、楽しい時間はあっという間に過ぎるもので、
この後、魚崎郷(浜福鶴や櫻正宗)にも行きたいと思っていたけれど、
残念ながら時間切れ。
(子どもの帰宅時間までに帰らないといけないからね。1年生の下の子は3時に帰って来るのよ・・・)
お楽しみはまた次回、ということで。

都合4本 プラス 豆酩の入った程よい重さのコロコロにニタニタしながら、帰宅。



 
 灘五郷では3月1日〜5月6日、酒蔵スタンプラリー開催予定 
      問い合わせは、神戸市観光交流課 п@078−322−5339



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【美味なる日本酒】神戸酒心館福寿
久しぶりに神戸酒心館の日本酒を飲むことが出来ました。 福寿生?(きもと)純米原酒 ...続きを見る
土野土野
2008/03/12 14:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ばったさん初めまして。
pappa22と申します。
自身のブログにて酒心館の記事を書いているときに、こちらのブログを見つけトラックバックさせていただきました。
写真も豊富で記事とても楽しく拝見させていただきました。
pappa22
2008/03/12 14:56
pappa22さん♪
はじめまして。
酒心館は、生詰めしてくれるし、奥のカウンターで楽しめるし、駅からも比較的近いし、で、私もお気に入りの酒蔵のひとつです。
以前にも2006年12月10日〜12月13日付けの記事で灘の酒蔵めぐりを、2007年2月27日付けの記事で灘の酒蔵めぐり西宮郷編を書いていますので、よろしかったら、そちらもご覧になってください。
ばった
2008/03/12 22:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
灘の酒蔵めぐり 御影郷 ばったの大阪暮らし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる